1980年末から北陸地方は久しぶりの大豪雪に見舞われた。特に福井地方の積雪が激しく、京福電鉄の越前本線は1ヶ月以上に渡って不通となった。三国芦原線も豪雪の為50%の間引き運転を実施、北陸本線のダイヤも大幅に乱れた。