1976年の正月早々西長田にて元南海モハ1220のモハ2008である。平日の急行は3連の筈が、冬休みの為2連での運転だった。南海時代、モハ1201形はスピードがあまり出ないため、本線の急行には滅多に使われなかった。急行用電車が故障などの為、にっちもさっちもいかなくなった場合に稀に見る事が出来た。その点京福福井では急行の札を誇らしげに堂々と活躍していた。