何しろこの電車の幌を構えた、姿を見ると心底感動したものである。おそらく1977年の夏と思われるが、越前本線の保田・発坂間でモハ2001形(南海モハ1201形)が脱線転覆すると言う事故が発生した。この時はまだ復旧せず轟(どめき)までの折り返し運転を行っていた。東古市でカメラを構えていたら、あこがれの元11001がやって来た。