デトニを先頭とする2200系の急行は鶴橋から約65分で走破。昭和42年12月のダイヤ改正以前は八木と名張のみの停車で60分。現在の特急よりも速かった。この写真を撮影した時代は高田と榛原にも停車するようになっていた。カメラはローライコードで、シャッター速度が1/250しかなく、逆光に弱いという難点がこの写真にも現れている。
Same point of scine 5-1971.Old timmer,seriese 2200,from Osaka-Uehnnmachi  terminal to Uji-yamada,arrived ay Iga-Kambe station.